<< <スーツケース遺体>逮捕の男「遺体は韓国人」と供述(毎日新聞) | main | <民主党>特別会計の検証開始 5月に提言へ(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


読めますか?悩ましい古墳の名前(産経新聞)

 石舞台古墳、その名前からして変わっている。といっても、古墳の名前はほんと、難解なものが多いから特別ヘンというわけでもないのだけれど。

 「月夜にキツネやタヌキが踊るから」石舞台…という話も聞いたことがあったが、今回取材した和田萃(あつむ)京都教育大名誉教授に納得できる答えを聞いた。石舞台古墳はすでに江戸時代の名所図絵にも、むきだしになった巨大な岩が描かれている。当時の文献に「石太屋(いしぶとや)」と出てくるそうだ。受け売りでいうと「巨大な岩屋」という意味で、「イシブトヤ」が次第に「イシブタイ(石舞台)」に変わっていった…というわけ。なるほど。上が平らで下が埋まっていたなら、確かに「舞台」みたいにみえる。

 【麗し大和・記者の裏話】(14)

 さて、そのほかの名前はどうか。変わっているけどカンタンなのが「キトラ古墳」。つい発見された四神の壁画のトラ(白虎)を連想してしまうのだけれど、「北浦」のなまったものともいわれている。「マルコ山古墳」とか「カラト古墳」なんてのも、読みやすい。

 逆に何度見ても覚えられない悩ましい名前が、真弓鑵子塚古墳や牽牛子塚古墳、鬼の俎・鬼の雪隠など。読み方は、「マユミカンスヅカコフン」「ケンゴシヅカコフン」「オニノマナイタ・オニノセッチン」となる。ああ、場所と名前が一致して、漢字も書けるようになるころには、連載も終わっているだろうなあ…。

【関連記事】
桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?
聖徳太子の弟の墓? 塚穴古墳に人工築山、風水意識か
蘇我入鹿邸の「城柵」か 甘樫丘東麓遺跡から新たな石垣
持統天皇の吉野行幸列を再現 「飛鳥美人」模した古代衣装
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

元副署長、4月にも聴取の意向=起訴議決で指定弁護士−明石歩道橋事故(時事通信)
駆けつけた警官の前で女性の尻触る 容疑の男逮捕(産経新聞)
長官銃撃「教団内にうわさもなかった」…元オウム(読売新聞)
郵政改革 亀井担当相の案で決着 預け入れ限度額引き上げ(毎日新聞)
サル ボスに君臨11年4カ月、「ゾロ」は温厚、仲間思い(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 15:58
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
情報起業
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化
競馬サイト
債務整理 無料相談
クレジットカード現金化 即日
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • 幻の小麦収穫、最盛期迎える 東久留米市(産経新聞)
    AtoZ (08/27)
  • 幻の小麦収穫、最盛期迎える 東久留米市(産経新聞)
    志波康之 (01/16)
  • 幻の小麦収穫、最盛期迎える 東久留米市(産経新聞)
    道隆 (01/03)
  • 幻の小麦収穫、最盛期迎える 東久留米市(産経新聞)
    タンやオ (12/29)
  • 幻の小麦収穫、最盛期迎える 東久留米市(産経新聞)
    こういち (12/25)
  • 幻の小麦収穫、最盛期迎える 東久留米市(産経新聞)
    晶太郎 (12/20)
  • 幻の小麦収穫、最盛期迎える 東久留米市(産経新聞)
    ポロネーゼ (12/05)
  • 幻の小麦収穫、最盛期迎える 東久留米市(産経新聞)
    すぷらっしゅ (11/15)
  • 幻の小麦収穫、最盛期迎える 東久留米市(産経新聞)
    加藤よしはる (11/08)
  • 幻の小麦収穫、最盛期迎える 東久留米市(産経新聞)
    土屋浩平 (11/02)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM